[ワンポイントアドバイス]内祝いのマナー

 内祝いの基本マナー

新米ママにとってはじめての内祝い。わかっていたつもりでもいざ贈る側になると「本当にこれで大丈夫?」とマナーや贈る品選びで不安になってしまうもの。
そんなままのいろいろな疑問にお答えいたします。


 内祝はいつまでに贈ればいい?

 基本的には、生後1ヶ月ごろのお宮参りの時期を目安に贈ります。しかし、赤ちゃんの健康がすぐれなかったり、お母さんの産後の肥立ちが悪かったりということもありますので、慌てずにゆっくり選べばよいでしょう。
お腹が大きい間に「内祝い」の品を選んでおくのもおすすめです。内祝いカタログなどを取り寄せて事前にどのような物を贈ればよいか考えておくと、生まれてからでもゆったりとした気分で品選びができます。ところで、注意しなければならないのは、贈りもれ。せっかくお祝いをいただいたのに、そういったことはないようにしたいものですね。いただいたお祝いの品はすぐに写メールやデジカメで保存し、住所なども整理しておくと、贈りもれ防止に役立ちます。


 お返しの金額はどれくらい?

 金額は慶事なので基本は「半返し」。頂いた金額の2分の1、少なくとも3分の1が目安です。しかし、本来が「幸福のおすそわけ」ですから、金額にこだわらず、皆様に一律の品物を贈るという例もあります。この場合、三千円前後の品物が多いようです。
高額なお祝いの場合、「半返し」だとお返しも高額になってしまいます。お祝いはお返しを期待して贈るものではないので、あまり高額なお返しは、かえって相手の気持ちの負担になってしまうことも。丁寧なお礼状を添えて、感謝の気持ちを伝えることが大切です。



 品選びで気をつけたいことは?

 「お福分け」が本来の意味の「内祝い」。家庭用品や美味しいお菓子が幅広く喜ばれます。
具体的には、?高級タオル ?食器 ?お菓子セット ?コーヒー・紅茶 ?カタログギフトなどがポピュラーです。
タオルなどは名入れすることができるので、相手の方の名前を入れたり、紅茶缶のラベルに赤ちゃんの名前を入れて記念缶にできたり…など、ユニークな商品もたくさん。贈り先の方が、開けたとたん思わず微笑むような品選びを心掛けたいものです。赤ちゃんの名前を入れて贈る場合、お菓子や飲料が適切かもしれません。ずっと残る物だと、お返しをする相手の方によって扱いづらいと感じ、負担になる場合もありますから。お菓子などの食品は、日持ちのよいものを選んだり、お中元、お歳暮の品物と重ならないものを選んだりすることもポイントですね。
また、子どもが生まれると、ご近所にも何かとお世話になったり、夜泣きなどでご迷惑をかけたりすることもあります。赤ちゃんのお披露目とご挨拶を兼ねて、ご近所の方にお菓子やタオルなど気持ちの負担にならない程度のものをお贈りするのもよいでしょう。





姉が欲しがっていた包丁セットを贈りたいのですが、刃物はタブーと聞きます。


従来は、縁を絶ち切ると言われてきました。しかし今では逆に、未来を切り開く道具として好まれることも多くなっています。また、贈り先の方が好きな物なら全く問題ないはず。それでも心配なら、贈る前に一言断っておくとよいでしょう。

喪中の方に内祝いを贈っても大丈夫?


喪中の方にはOKです。ただし、「忌中」の方には贈れませんので注意を。

内祝いを先様に直接持参するのですが、失礼のない紙袋の扱い方を教えてください。


品物は紙袋から取り出し、正面が相手に向くように両手で差し出します。紙袋の処分で、相手にかえって気を使わせないよう、あらかじめ、たたんで、トレー代わりに品物を乗せて渡すとスマートです。

両親に「内祝いはいらない」と言われました。本当に贈らなくていいでしょうか?


形式ばった「内祝い」はいらないでしょう。ただし、自分の親はまだよいとしても、相手の親は舅、姑…。礼を尽くすに越したことはありません。関係にもよりますが、すべきだと思ったら贈りましょう。いずれにしても、最も近い間柄なのですから、赤ちゃんの写真を入れたフォトフレームなど記念になる品物で、共に思い出の品になれば素敵ですね。

夫の実家は地方にあるのですが、内祝いに特別な風習がないか心配です。


特別な風習があるにせよ、こちら側が「感謝」の気持ちを表し、心のこもった「内祝い」をすれば問題ありません。相手に合わせたいのであれば、ざっくばらんに「どのようにすればよろしいでしょう?」と質問し、アドバイスを求めてみては。

通信販売で内祝いの品を贈るのは失礼にあたらないか、気になります。


もちろん、失礼にはあたりません。むしろ、幅広い品揃えの中からじっくりと考えて贈ることのできる、効果的な手段です。妊娠中や出産後すぐなど、時間を活用して通信販売を利用すれば、体力的にも精神的にも助かるものです。それでも気になる方は、送り状(お礼状)やカードに、なぜ通信販売で購入したかをさりげなく伝えてみては。「どうしてもお贈りしたいものが通販にありましたので…。」など。

出産してから随分と経ちましたが、先日お祝いをいただきました。内祝いは必要?


最近、出産祝いは赤ちゃんやお母様の健康も気遣い、すぐに贈るとはかぎりません。ゆっくりと選んでくださったお祝いに対しても、きちんと「お返し」をしましょう。

値段がわからないお祝いには、どのくらいの額で返せばよいでしょうか?


高価な物のようであれば、内祝いに選んだ高額レベルの品物にすればよいでしょう。難しいのは値段のつけようのない品(オリジナルなもの)をいただいた場合。その時は¥2,000〜¥3,000ぐらいで選んでおくのがよいでしょう。

付き合いの少ないご近所の方からお祝いが届きました。好みがわからないのですが…。


今後何かとお世話になったり、夜泣きなどでご迷惑をおかけしたりすることも…。小さなタオルの詰め合わせや、ティーバッグのセットなど、気持ちの負担にならない程度の日用品や食べ物でお返しするのが無難でしょう。

「できちゃった結婚」の場合、どちらのお祝いを優先すべき?


この場合は事情によっても違いますが、あまり時間をさかのぼっての「お祝い」より、最近の出来事としての「お祝い」を優先するほうがよいでしょう。




※ ブックカバー(オリジナルカバー)のサービス対象は定価販売のカタログギフトのみ
となります。割引カタログ及びお見積もりの場合はご利用いただけません。